変わりつつある千葉県市原市の葬儀

千葉県市原市は、房総半島に位置し面積は県内最大の街です。

市原の葬儀に関するお悩み解決にはこちらです。

工業都市ではありますが、少し郊外に出ると田園風景が広がっています。
そんな市原市の葬儀事情が昨今変わりつつあります。

goo ニュースに関してとにかく簡単に調べられます。

まず千葉県内でも千葉市のような大都市では、お葬式の後に火葬するのが一般的ですが市原市のような房総半島周辺ではお葬式の前に火葬することが多いです。
そして、お葬式に際しては葬式組や葬式班といった近隣住民が手伝いをするというのもごく当たり前のようでした。

また故人が長寿を全うした場合は、小さなポチ袋に5円玉を入れて参列者に配る長寿銭も存在しています。

このように、古い慣習がまだまだ残っているのが市原市でした。


しかし昨今、親戚やごく近しい人のみが参列する家族葬という葬儀の形態が増えつつあります。



近所の人に手伝ってもらうと言うことが負担になっているというのも大きな理由と考えられます。

自分だけでなく、残された家族の負担を少しでも軽減したいと生前に家族葬を申し込む人が増えているのです。

また生前故人が家族葬にしたいと言う希望を持っている人も多く、高齢化の中で従来参列者が多かった会社関係の人は、退職後10年以上たってしまうと故人との関係も薄れ参列しないことが増え、大きな規模での葬儀をする必要が亡くなっていることも要因です。
このように、市原市のようなまだまだ葬儀においてまだまだ古い慣習が残る地域でも、家族葬のような身内だけのお葬式を執り行うケースが増えてきています。