ファクタリングが利用できる医療保険とは

ファクタリングとは、サービスの提供が終了していながら、都合によりその対価である報酬が支払われていない債権を買い取る仕組みのことです。
だいたい8〜9割の価格で債券が買い取られるので、サービスを提供している事業所にとっては、正規に報酬が支払われるのを待つことなく、ある程度の金額の報酬を得ることができると言うメリットがあります。


またファクタリングは、金融機関からの融資とは異なり、その扱いは負債ではなくあくまで将来的な報酬の先取りと言う扱いです。

よって経営に与えるダメージやマイナスイメージを軽減することができると言うのもファクタリングならではです。この仕組みが多く利用されるのが、医療サービスや介護サービスです。これは、これらの事業においては医療保険や介護保険による補助を、その被保険者は受けることができるためです。

つまりサービスを利用した際に発生した料金の一部しか支払わなくても良い、残りの部分は保険によって補助されると言うことです。

ファクタリングの評判情報を得るならこちらをご利用下さい

医療保険の場合、公的なものと民間のものがあります。



公的なものは国民皆保険であり、民間のものは任意であり、その内容は保険会社により千差万別です。

この内、ファクタリングが適用されるのは公的な保険のみです。医療機関にかかった際に、窓口で保険証を見せますが、これには公的医療保険の被保険者であり、補助を受ける権利があることを証明すると言う意味があります。


ですから窓口においては、実際に発生した料金の何割しか払わなくても済んでいます。
民間の保険の場合、まず一度は全額支払うのが基本です。



そしてその上で、後で被保険者が民間の保険会社などに払い戻しを請求すると言うのが一般的な流れです。
よってこちらにファクタリングの制度を適用させることはできません。