診療報酬債権のファクタリングについて

医療機関の資金調達の手段の1つとして挙げられるのが、診療報酬債権のファクタリングです。


そのメリットとしては、診療報酬債権は確実に回収することができるため、資産として有用であり、そのために審査に通りやすいことが挙げられます。
また、診療報酬債権のファクタリングは、2ヵ月や3ヵ月を1単位として行われるため、まとまった資金を即座に受け取ることができるという点も、大きなメリットと言えるでしょう。


ただし、ファクタリングを行うと、手数料が差し引かれてしまうため、本来受け取ることのできる診療報酬よりも、実際に受け取ることのできる金額は下がります。

また、その他の様々な条件も、業者ごとで大きく変わってくるため、事前に業者の情報を集めておくことは非常に重要な作業となります。

さらに、前述の通り、2ヵ月や3ヵ月分の診療報酬債権を前払いで現金化するというシステムの都合上、途中でファクタリングを中止すると、資金繰りが非常に苦しくなる期間が生じます。

ファクタリングのランキングに関する情報探しのお役に立つサイトです。

そのため、中止をする際には、その間をやりくりできるだけの資金を確保していることが前提となります。



また、取引先の銀行などがある場合、これによって相手は資金繰りが悪化していると判断し、融資などが受けにくくなるという点にも注意しなければなりません。

基本的には、銀行などからの融資の方が負担は少ないため、まだ融資が受けられる状態であればこちらの方を優先し、診療報酬債権のファクタリングは、債務超過などで融資が受けられない場合の最後の手段と考えた方が良いでしょう。