医療施設のファクタリング

病院や診療所といった医療機関や、介護施設、調剤薬局といったところでは、クライアントの診療報酬債権が発生するものです。しかし、このような医療関係の債権というのは、すぐに現金化できるということはまれであり、たいていは請求から数か月は待たなければならないことになります。

ファクタリング会社の比較

それというのも、レセプト請求はいったん社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会といったところに送付され、そのチェックによってあやまりがないことが明らかになった後という、手続き上の制約があるためです。



しかし、この間に医療機関などの支払い事務がまったく発生しないなどということはなく、常にキャッシュフローに悩まされるということも、特に零細なところではめずらしくはないといえるでしょう。


そこで、ファクタリングのしくみを利用することによって、レセプトの提出期限日から数日で、こうした診療報酬債権の現金による前払いを受けることが可能となり、キャッシュフローの劇的な改善が図られるのです。



ファクタリングを利用するのであれば、一定の審査をパスして、ファクタリング会社と契約を締結した後ということになりますのが、まずは相談をしてみることがたいせつといえます。
特に、こうしたファクタリング会社のなかには、医療機関などに向けた、経営改善のためのアドバイザリー業務を行っているようなところも多いため、相談をするにはなおさら心強い存在であるともいえるでしょう。