市原市での市民葬による葬儀

葬儀は人の一生のなかでも特に重要な儀式であることはいうまでもなく、そのために多くの人々の参列を求め、盛大に執り行うのが通例となっています。

市原の葬儀の情報ならこちらを参考にしてください。

トータルで見た時の費用としては、基本的には参列する人数や会場の大きさなどに比例するため、なかなか経済的な余裕のある世帯でなければ、葬儀そのものを執り行うことさえも困難な場合があります。

毎日新聞の情報探しをお手伝いします。

そこで、千葉県市原市では、市民が低廉な料金で葬儀を執り行うことができるようにするため、市民葬とよばれる制度を設けています。


この制度を利用する場合には、会場は亡くなった人の自宅でもかまいませんし、民間が設置している葬祭ホールでもかまいません。

制度上、市原市が指定した葬儀社を利用することが前提となっており、その会社を通じてさまざまな準備をしてもらうことになります。



料金の一式として含まれているのは、祭壇、御棺、後飾り、内位牌、遺影写真、納骨容器などがあります。

そのほかにも、会葬礼状などの印刷物の作成や、民間の葬祭ホールであれば式場や休憩室の使用料、霊柩車の利用料などの、物品というよりもサービスの提供の対価にあたるものも含まれています。

ただし、市民葬の場合には、市原市の財源が使われるため、参列する人数は小規模なものに限定されています。もしも参列する人数が多く、市民葬でまかなうことができない場合や、香典返しやマイクロバスの使用などの別のサービスを追加する場合には、超過分は通常の料金となってしまいますので、注意が必要になります。